FC2ブログ

新着ツール【ママでも簡単FX!5分足でサクサク楽々利益が狙えるFXスキャレーダー】&気になる情報【新井浩文被告、公判詳報(5)現金渡す際「悪いことしちゃったね、これおわび」「不安もあったから」(産経新聞)】 - 【本業】よりも【副業】で稼ぎたい!!

新着ツール【ママでも簡単FX!5分足でサクサク楽々利益が狙えるFXスキャレーダー】&気になる情報【新井浩文被告、公判詳報(5)現金渡す際「悪いことしちゃったね、これおわび」「不安もあったから」(産経新聞)】

さすがに朝晩は涼しい日が増えてきましたね。ホッとしています。 もう夕食はお済みでしょうか?

本日の気になる記事はこちら

新井浩文被告、公判詳報(5)現金渡す際「悪いことしちゃったね、これおわび」「不安もあったから」(産経新聞)

産経新聞より 2019/09/26 18:13
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
中国が米国産大豆と豚肉を購入 貿易摩擦緩和狙う(共同通信)

ヤフー経済より 2019/09/26 18:12
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
中国本土も香港も、もう台湾人にとって安全ではない
<反中姿勢とは無縁の中台交流推進派でさえ、国家安全保障上の理由?で身柄を拘束されている> 台湾人にとって、中国や香港への旅行は安全ではなくなった。最近中国で2人の台湾人が行方不明になっていたことが公になり、台湾の与党・民主進歩党(民進党)は、政治的志向に関係なく中国でトラブルに巻き込まれる恐れがあると警告した。 行方不明になった2人のうち1人は、中台間の交流を推進する南台湾両岸関係協会連合の蔡金樹(ツァイ・チンシュー)主席。昨年7月20日に福建省泉州で食品業界の会合に出席し、翌日にアモイのホテルを出た後から行方が分からない。 9月13日には台湾政府の対中交渉の窓口機関である海峡交流基金会が、蔡は1年以上前から行方不明だと認めた。台湾のテレビ番組では「国家安全保障上の理由」により身柄を拘束されたのではと取り沙汰されていた。だが蔡は反中姿勢の民進党に所属しているわけでも、台湾独立を支持しているわけでもないとみられるため、その説には疑問符が付く。 もう1人の行方不明者は、台湾の活動家の李孟居(リー・モンチュイ)。「中国の国家安全保障を危険にさらしかねない犯罪行為」の容疑で拘束したと、中国の台湾事務弁公室が認めた。李は香港でデモに参加し、フェイスブックに香港の民主化運動支持の書き込みをした後、8月20日に深圳に入って拘束されたと報じられている。彼が香港との境界付近に集結した中国の人民武装警察の写真を撮っていたという情報もある。 思い出されるのは、2017年3月に失踪した台湾の活動家の李明哲(リー・ミンチョー)の一件だ。中国政府は彼を逮捕したことを2カ月後に認め、その年のうちに国家政権転覆容疑で5年の実刑に処した。中国に在住・就労している台湾人は、100万人を超えるともみられる(ただし中台とも正確な数字は公表していない)。 今も台湾にとって、中国は最大の貿易相手国だ。若者は高い賃金を求めて海峡を渡る。中国への投資や事業展開をする起業家もいる。中国政府は昨年、台湾人の居住許可手続きを簡素化するという誘致策を取った。 「蔡英文再選」への警告 だが蔡が行方不明になった件によって、これまでの前提が崩れかけている。今までは台湾独立や民進党を支持するなど中国共産党に批判的な見解を明らかにしなければ、無事に中国で暮らしたり働いたりできると、多くの台湾人が思っていた。 今回の2人の例で浮き彫りになったのは、独立派の民進党が総統選に勝った2016年から中国側が台湾当局との接触に消極的になっていることだ。拘束している台湾人の情報を、なかなか提供しなくなった。 ===== 海峡交流基金会は昨年8月、中国側の窓口である海峡両岸関係協会に蔡の安否確認への協力を求めたが、返答を得ていない。中国政府は今年の李孟居の身柄拘束もすぐには明かさなかった。李明哲の妻は、湖南省で服役中の夫との面会手続きを変更されたり取り消されたりしているという。2017年3月に拘束されて以降、李の健康は悪化して体重は30キロ減ったとのことだ。 中台関係は、9月に太平洋の島国のソロモン諸島とキリバスが相次いで台湾と断交して中国と国交を樹立すると発表し、緊張が高まった。中国政府は来年の台湾総統選で蔡英文(ツァイ・インウェン)が再選されたら、台湾は外交関係を維持している全ての国と関係を失うことになると警告した。 台湾側は、中国が総統選と議会選に影響を及ぼすために外交問題を持ち出したと非難する。中国は今後も選挙をにらみつつ、国際社会で台湾の居場所を狭めることに力を入れそうだ。 From thediplomat.com <本誌2019年10月1日号掲載> 【関連記事】中国、台湾への個人旅行を暫時停止──かまえる中国軍 【関連記事】香港デモと中国の対立が台湾に飛び火、三つ巴の緊張関係に ※10月1日号(9月25日発売)は、「2020 サバイバル日本戦略」特集。トランプ、プーチン、習近平、文在寅、金正恩......。世界は悪意と謀略だらけ。「カモネギ」日本が、仁義なき国際社会を生き抜くために知っておくべき7つのトリセツを提案する国際情勢特集です。河東哲夫(外交アナリスト)、シーラ・スミス(米外交問題評議会・日本研究員)、阿南友亮(東北大学法学研究科教授)、宮家邦彦(キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)らが寄稿。
NEWSWEEKジャパンより 2019/09/26 18:10


本日のお奨め商品はこちら

ママでも簡単FX!5分足でサクサク楽々利益が狙えるFXスキャレーダー

ママでも簡単FX!5分足でサクサク楽々利益が狙えるFXスキャレーダー

販売価格100,000円( 税込 )

販売ページへ

利益獲得チャンスを逃さずキャッチ!

ピロピロリーン!とアラート音が鳴り、
ロング(買い)ショート(売り)を教えてくれる

3万円を1年で1億円にしたHideのFXスキャレーダー

出品者 株式会社アイプロダクション
販売日 2017/01/11

それじゃバイバイ

何でも揃う総合情報ショップは★INFOPOT★
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 【本業】よりも【副業】で稼ぎたい!! All Rights Reserved.